​音響・映像設備

今のシステムは使いやすいですか?

​音響映像設備は様々なシーンで使用されていますが、使ってみないと分からなかったというケースが多く見受けられます。色々な使い方を想定して多機能な設備を導入したが、使い方が難しく、普段使っている機能は一つか二つだけのなど。後で機能不足にならないように、ついハイスペックな機器を選定されますが、実際に操作される方の事を考えると、機器構成はシンプルで、ボタンやつまみが少ない機器を選定する方が使い勝手がよく、導入コストも下げることが可能だったりします。

またBGMのことはよくわからないので電気屋さんにお願いしたら、機器の使い勝手も音のバランスも悪いなど。スピーカーはご自身の好みや極端に安い物でなければ、ほとんどの機種がそれなりに良い音を出します。大切なことはスピーカーの設置位置と台数です。高価なスピーカーを少なく設置するよりも、単価を下げたスピーカーで台数を増やして音圧のムラがないように配置する方が、臨場感があり、エリア全体の音圧が一定になることで大きな音量を出さなくても、空間を音楽で満たすことが可能になります。この方法はアパレルや飲食などの店舗の設計の際によくご提案いたしますが、オフィスなどにも非常に有効で、アコースティック系やソロクラシックなどのBGMを全体にうっすらと流すことで、周りの人のキーボードを叩く音や、電話応対の声などが気になりにくくなり、執務空間の環境改善にもつながります。リラックスしてもらうために導入した音楽が良くても、音の環境が整っていないと逆効果につながることがありますので、ソフトとハードのバランスが重要になります。

​空間演出として音は欠かせない存在ですが、目立つ演出ではなく、さりげない方法で空間に変化を持たせる演出もあります。例えば小型スピーカーから自然音とアコースティック系のBGMをミキシングして流す癒しの空間作りや、夜の露天風呂が薄気味悪くならないように、複数の屋外スピーカーを設置して、柔らかな音色のアンビエントミュージックを僅かに流す演出、イルミネーション装飾のきらめきを音色でも表現し、さらに引き立てることで飽きずにずっと見ていたくなるような演出などです。

こういった演出はスポットエリアや期間限定の設置などもでき、内装工事や装飾費用に比べると負担は少なくすみます。音響映像設備は後付けのご提案をするケースが多くありますので、既にある空間を何とか工夫したいという時は、ぜひご検討ください。

・BGM用音響設備

・定時案内放送システム

・会議室、ホール用音響映像設備

​・空間演出用音響設備(屋外・屋内)

・各種マイク放送設備

・​デジタルサイネージシステム

​・大型映像表示、多画面マルチビジョンシステム

COPYRIGHT © Rokumei. ALL RIGHTS RESERVED.